FC2ブログ

至高の馬鹿旅行 その5

宿を5時半に出て、東京駅6時7分発の中央線特快に乗車。車内には山歩きをするような格好の人が目立つ。
高尾での乗り換え時間はわずか1分だったものの、向かいのホームだったので問題なく乗り換えることができました。

大月で下車。
今日は1日富士急行を攻めます。それもいろんな条件をつけて。
富士急行の窓口で「富士急特急フリーきっぷ(2600円)」と、ネットで予約していた「フジサン特急1号」の指定券を購入。この「富士山特急フリーきっぷ」、富士急行内の特急自由席が乗り降り自由なのですが大月-河口湖を特急で往復すると3080円なのでそれだけで元が取れます。別途座席指定券を購入すれば指定席も利用できるので乗りつぶしにはもってこいです。

s-CIMG2356.jpg
▲富士急行大月駅
JR線との連絡改札もありますが、特に新宿方面からの特急列車が着いた直後は改札口に長蛇の列ができるので途中下車できるきっぷを持っているなら一旦駅の外に出てこちらに回ると意外と空いています。


最初に乗るのは「フジサン特急1号」。この車両はかつて小田急ロマンスカー「あさぎり」号で使われていたものを富士急行が譲り受けました。この車両は2代目なのですが、先代から受け継いで車体には「フジサンクン」が大量に描かれています(笑)。
指定席車の車内は一般座席のほかに展望ラウンジと4人がけのボックス席があります。座席そのものは自由席車と変わりませんけどね。

s-P1200945.jpg

s-P1200952.jpg

s-P1200954.jpg

s-P1200955.jpg

s-P1200948.jpg

大月を発車。ここから河口湖までの26.6kmで約500m上ります。朝一番の列車のためか指定席は6割程度の乗車率でしょうか。事前に富士急行は外国人観光客が多いという話を聞いていましたが、その通りでした。
検札を受けた後は朝食。時間がなかったのでコンビニで買ったパン2個です、はい。さらに前日ほとんど寝れなかった上、この日は朝4時半に起きなければならなかったため明らかに疲労がたまっている。そういった事情からしばし放心状態。

車内放送で富士急行線一番の富士山ビューポイントにさしかかったという案内が入る。しかし残念ながらこの日は曇りで富士山はよく見えず。自然が相手である以上これは仕方ない。これでリベンジは決まった。
大月から約30分で富士山駅に到着。ここは行き止まり式の駅のため列車は進行方向を変えて河口湖へ向かうが、今回はここで降りる。ちなみにこの駅は元々富士吉田という名前で、2011年に富士山が世界遺産に登録されてから現在の駅名になりました。

(つづく。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)