2017年誕生日旅行 その4

フェリーターミナルから連絡バスに乗り、JR住吉駅で下車して須磨海浜公園へ。
今回のお目当ての須磨海浜水族園は駅から歩いて5分ほどのところにありました。

s-P1190496.jpg


窓口で手帳を提示して入園券を発券してもらい、中に入る。
通常の大人料金は1人1300円しますが、障害者手帳を提示すれば全額免除です。
午後は競馬場へ行くので時間の関係からパスしてもいいところはパスして足早に見る。入館料免除だからできることですが。
本当のことを申し上げると私は魚というより海の哺乳類のほうが好きなんですよね…。

s-P1190503.jpg

というわけでイベントスケジュールを見ながらラッコのお食事ライブを見る。
生息地の関係上屋内展示なので思いっきりブレてます。

s-P1190530.jpg

ラッコといえば貝類を食べる際仰向けになって貝殻を叩き割って食べることで有名ですが、ここのラッコさんは貝殻を水槽のガラスに打ち付けて割ってしまうようなので今は貝殻を取った状態であげてるとか。

この水族館でも生き物に触れるイベントをやっております。
ただ、土曜日ゆえに子供連れも多かったので自分はパス。

s-P1190569.jpg

s-P1190565.jpg

そして一番の楽しみのイルカライブ(ショー)。
ここのイルカショーはやたら水しぶきを飛ばしまくります。前のほうに座る場合はそのあたり注意したほうがよさそうです。

s-P1190604.jpg

でもなぜか自分の中でイルカショーの印象はそれほど強くないんですよね。
別に悪いとかそういうわけではないんですよ。
その原因はこれである。



ショーの前にここのテーマソングの「行こうよ!おいでよ!須磨水族園」という曲が流れるんですが、歌詞がわかりやすくてメロディも中毒性があるんですよw
曲の最後のほうでスタッフが観客に向けてこう煽ります。

(スタッフ):ここは須磨!

(観客):スマ!!

海浜水族園~♪


関西ゆえに客のノリも良く、テンションMAXの状態でショーに入ります。
私はピークがそっちに来てしまって後から思い出すときに「あれっ、イルカショーってどんな感じだったっけ?」となりました(;^ω^)

ショー終了後隣のプールにてイルカに触れるイベントを行うようなので(当然こっちもパス)、ショーより間近でイルカさんを見れるだろうと思い撮影に勤しむ。

s-P1190606.jpg

s-P1190628.jpg

s-P1190634.jpg

2時間弱の滞在でしたが、正直ここは1日かけて見る規模の水族館だと思います。
実際園内は広くて意外と歩きます。
奇をてらったものはありませんが、一通りのイベント・企画・展示が揃っていて手堅く堅実にまとめてきている水族館としての完成系ではないでしょうか。
そのあたりは今年で開園60周年という老舗水族館らしいですね。
水族館好きはもちろん、神戸観光の訪問地に組み込む価値はある優秀な施設だと思います。

◇神戸市立須磨海浜水族園◇
●アクセス
JR「須磨海浜公園」駅より徒歩5分、山陽電鉄「月見山」駅より徒歩10分
●開園時間
9:00~17:00(時期によって夜間開園日もあり。詳細は公式サイトで確認を)
●休園日
3月~11月は無休(12月~2月は毎週水曜日)
●公式サイト
http://sumasui.jp/

(つづく。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)