要は使い分け

スマホ普及で売れないコンデジ このまま消滅してしまうのか
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00000007-pseven-bus_all

確かに今のスマホ内蔵のカメラの性能は一昔前のコンデジと遜色ない完成度です(場合によっては上回ることも)。
ただ、だからといってスマホのカメラにコンデジの機能全てを搭載できるかといえば、それは違うと思います。
餅は餅屋ということわざがある通り、メモ帳代わりならともかくそれなりのものを撮りたいならカメラ機能に特化したコンデジになるんですよ。
その最たる例は、高倍率ズームを使いたいときです。
私は飛行機など被写体に物理的に近寄ることができないものを撮ることが多く、35mm換算で200mmクラスの焦点距離で撮ることが非常に多いです。
私は外出する際は35mm換算で300mm程度まで望遠が利く光学12倍ズームのコンデジも持ち歩いてますが、望遠が必要になるケースは意外とあり、またスマホのカメラは光学ズームではないのでズームすればするほど画質が粗くなってしまうのですよ・・・。
ただ、手軽さという点でいえばスマホ内蔵のカメラに軍配が上がるのは事実です。

結論を申し上げますと、スマホ内蔵のカメラとコンデジの両方それぞれにメリット・デメリットがあることだけは確実に断言できます。
それゆえ、ある一部分だけ取り上げて「コンデジは不要!」と言い切ることは非常に極端であり、それが正しいことだとは到底思えません。
したがってその場に応じてスマホ内蔵のカメラとコンデジを適切に使い分ける、それが一番賢いやり方だと私は思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)