強さと美しさの戴冠式 ~2016年エリザベス女王杯観戦旅行~ まえがき

先日京都へ行ってきました。

----------

競馬を始めてから、これまで中央の競馬場へ行ったことがなかった。住んでいる場所の関係上わざわざじゃないと行くことはないわけで、その動機と何かのきっかけが欲しかった。
そういったことを考えると観るならやはりG1レース。しかしG1となると人も多い。牡馬クラシックや天皇賞、有馬記念といった古馬王道路線以外で好きな馬が出るG1は、と考えてみたところ11月に京都競馬場で開催される牝馬限定のエリザベス女王杯に行き着いた。一番は自分が好きな馬で今年限りでの引退が予定されているマリアライトを現役時に見ておきたいということだったが。
後は何を組み合わせるか。それは今年4月に開館した京都鉄道博物館ですんなり決まった。

関西までの移動手段は東京→大阪の「プレミアム昼特急」のプレミアムシートを軸に考えていた。しかし予約開始日を勘違いして出遅れるという痛恨のミスを犯す。保険としてスーパーシートを押さえつつ、定期的に空席状況を見ていたらたまたま1席空きが!これで日程が組み立てられる。それを基に全体の日程を調整した結果、大阪→東京の帰りは「東京特急ニュースター号」に決定。この路線を運行している大阪バスグループ、精神障害者保健福祉手帳でも割引してくれる素晴らしい会社である。なお今回は東京-盛岡は往復とも新幹線にした。バスだと夜行一択で日程のバランスが悪くなるのがその理由である。

「秋の京都へ行くのにそれらしいことを一切しない旅行」
そんなスタイルもある意味自分らしい。
さてさて馬券を当てて笑って帰ってくることができるのか?

(つづく。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)