FC2ブログ

東京と大阪の違い

日本の首都で最大都市の東京。第二の都市の大阪。
何かと比較されやすい両都市ですが、今回は東京と大阪の違いについて個人的見解を交えつつ書いていきたいと思います。

まず前提として、東京と大阪は都市としての性格が違う(=単純な比較はできない)と私は考えてます。
大ざっぱに表現するとこんな感じでしょうか。

東京:経済・金融都市
大阪:観光都市


東京はニューヨーク、ロンドン、パリと並ぶ世界有数の経済都市です。
大企業の本社や外資系企業の日本法人や支社も東京に置いているところがほとんどです。
しかし、海外から来た客が観光で東京へ行くとなるとちょっと肩透かしを喰らうというか、「あれっ?」と思うようなところがあるのもまた事実です。
ないわけではないんですが、「これぞ日本」というものが東京には他の地域より少ないんですよね。
近代的な高層ビル群なんかは香港や上海、シンガポールなど他のアジアの都市でも見れるわけで、そういう部分で「日本らしさ」(渋谷のスクランブル交差点や満員電車も狭い国土に1億3000万人の人口を抱えている日本らしいといえばそうですが、ここでの日本らしさは歴史的な意味)が今の東京には少なくなりました。
そもそも東京が本格的に発展したのは1603年に徳川家康が幕府を江戸に移してからなわけで、歴史としては400年ちょっとと京都や大阪には敵いません。

逆に大阪は江戸時代「天下の台所」と呼ばれたほどの商業都市でさらに近隣には京都や奈良という「昔からの日本」が残されている都市もあり、歴史は東京よりもあります。その一方で昭和に入ってから教育や産業などのあらゆる分野を東京に集めるという政府の方針で、現代では産業や金融といった部分における機能は相対的に東京より低下してしているのが現状です。
(話は若干それますが、現在進行形で加速中の東京一極集中は一つのバッグや引き出しの中に現金とキャッシュカードや通帳、印鑑を入れておくのと同じ行為だと私は思っています。)

こういった歴史的背景も東京と大阪では異なるわけでそれらを無視して両都市を単純に比較することはできないと思いますし、それをすること自体意味があるとは思えません。あえて申し上げるなら大阪の場合大阪単体より京都や神戸、奈良とセットにして「京阪神」という形で考えるのが適切かもしれませんけど。
現代の日本なら東京、近代までの歴史を色濃く残している光景を見たいなら大阪(京阪神)という考え方でいいんじゃないかと個人的には思います。
両都市とも日本であることに変わりはないのですから。

私はこれまで日本の全都道府県に行きました。
でも、優劣など自分の中でランク付けをする気はありません。
なぜなら歴史や立地、気候などあらゆる部分が各都道府県で異なるからです。
個人的に合う合わないはあっても、ある一面だけ見てそれで優劣をつけるのはあまりに短絡的すぎてどうなのかと思うのですよ。
食べ物がその最たる例です。所変われば食べ物だって違うのは当たり前です。

どんなことにも言えますが、重箱の隅を突っつくようなことをして優劣を競うのではなくそれぞれのいいところを探してそれを尊重しあえば無意味な論争をする必要はないと私は思うのですがそれは綺麗事なのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)