至高の馬鹿旅行 その4 (JAL国内線ファーストクラス JL512便(新千歳→羽田) 搭乗記)

8時半頃ゲストハウスをチェックアウト。札幌は雨でした。
しかしこれから向かう東京はすでに雨は止んでいるとのことだったので、後で乾かすのが面倒という理由で傘を持っているにも関わらず傘を差さずに冷たい雨の降る中バスを待つ。すると周りにいた方が傘を貸してくれた。さすがに本当のことは言えなかった。

傘を貸してくれた方にお礼を言い、札幌駅前9時発のバスで新千歳空港へ。
札幌-新千歳空港は鉄道が一般的ですが、快速「エアポート」は曜日や時間帯問わず慢性的に混雑しており、またロングシートの733系が多数派になったことで札幌発の時点で座れないことも少なくありません。それに対してバスは多少時間がかかるものの(鉄道は約40分に対しバスは直行便で約70分。それ以外で約85分)、必ず座れるというのは大きな長所です。車内はWi-Fiも使えますし、時間に余裕があるならバスを選択するのもありだと思います。

続きを読む
スポンサーサイト

【業務連絡】リンク先を追加しました

リンク先を追加しました。

人生を夫婦で楽しくする方法(いちろうさま)

飛行機を中心とした優雅な旅をされている方のブログです。
ぜひご覧になってはいかがでしょうか。

至高の馬鹿旅行 その3 (北海道編3)

(つづきです)

小樽からバスで余市へ。余市といえばあれです。
数年前にNHKで放映された朝ドラ「マッサン」で一躍有名になったニッカウヰスキー余市蒸留所。
ここは無料で入れてウイスキーの製造工程、創業者の竹鶴氏をはじめとした日本のウイスキーに関する歴史や史料を見ることができます。

s-CIMG2280.jpg

続きを読む

【業務連絡】リンク先を追加しました。

リンク先のブログが増えました。

鳥海高太朗ブログ「きまぐれトラベル日記」(鳥海高太朗さま)

最近様々なメディアで交通関係の記事を書いていらっしゃる航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さまのブログです。
鳥海さんとは先日直接お話しする機会があり、とても勉強になりました。
ブログのほか、Twitterや下記のサイトも運営してらっしゃるようなのでそちらもご覧になられてはいかがでしょうか。

●Twitter
https://twitter.com/toriumikotaro

●飛行機ニュースサイト「ひこ旅」
https://hikotabi.jp/

●ANA公式サイト「What's up? ANA」(解説者)
http://www.ana.co.jp/ana_news/

至高の馬鹿旅行 その2 (北海道編2)

7時に宿を出て、コンビニで朝飯を買いながら札幌駅前バスターミナルへ。
小樽行きバスの往復乗車券を買おうと前日確認していた自動券売機の前へ行くもののまだシャッターが下りていた。もっともバス車内でも買えましたが。

7時15分発の小樽行き高速バス(北海道中央バス車)に乗車。円山など札幌市内各地で乗降があり、そのほとんどが地元の用務客で観光客らしき人は少なかった。
札樽間の高速バスは円山経由と北大経由便を合わせて1日100往復以上あり、使い勝手のよさでは鉄道と比較になりません。
さらに札樽道は高台を通るので朝里や銭函付近では日本海も見えます。

1時間10分ほどで小樽駅前に到着。
ここからおたる水族館行きのバスに乗り換えます。

小樽駅前から揺られること25分。おたる水族館に着きました。
バス停から入り口までは階段を上ります。
これから順を追って書いていきますが、ここ以外にもアップダウンが激しいのでこの水族館を訪問する際は歩きやすい格好で行くことをお勧めします。

s-CIMG2269.jpg

続きを読む
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)