金沢へ行ってきた その1

ここ数年毎年恒例となった誕生日旅行。
だんだんネタ切れになりつつある中、あることに気付く。

そういえば北陸新幹線まだ乗ってねえなぁ。

ならば金沢行くか。
そこから旅行が始まりました。

しかし今回は自分のしたいことと仕事の休みが上手くかみ合わず、両方の条件を満たそうとした結果日程が非常にいびつなものになってしまいました。
そんなおかしい日程組んででもやろうとするのが自分らしいといえば自分らしい。


続きを読む
スポンサーサイト

東北絆まつり

今日は仕事だったので、昼休みの時間を利用してちょっとだけ東北絆まつりを見てきました。

s-P1020601.jpg

s-P1020609.jpg

s-P1020605.jpg

s-P1020611.jpg

規模は別にして東北六県の祭りが一度に見れるわけで、そういう意味ではお得かもしれません。

混雑ですが、確かに通常時の盛岡と比較すると人は多かったです。
ただ、歩くことすら不可能という状態ではありませんでした。
この程度なら普段の東京のほうが混雑しているように感じました。

もらいもの、もらいものっ!

先日知り合いからこのようなものをいただきました。

s-CIMG2671.jpg

全日空の国際線ビジネスクラスのアメニティキットとその他諸々です。
こういうアメニティキットもポーチのデザインが頻繁に変わると思うので、その都度集めることができたらいいですね。

宮古-室蘭航路

宮古-室蘭、船旅心待ち フェリー予約22日スタート(岩手日報)

徒歩客目線での印象だと、室蘭発は使えなくはありません。
それでも宮古-盛岡は106急行バスで2時間弱かかる以上、北海道内の滞在時間をギリギリまで取れる苫小牧-八戸航路のほうが使い勝手はいいのは事実です。
しかし宮古発が絶望的。
宮古市内に前泊するか、自家用車以外で朝7時に宮古に来いと言われても無理ですわ。

というわけでこの航路の徒歩(観光)利用はよほどの物好きでない限り見込めなさそう。
となると運送会社(トラックドライバー)にどれだけ使ってもらえるか。
この航路に限らずフェリーの主たる利用層はトラックドライバー様で徒歩利用はおまけです。
室蘭も宮古も観光都市でない以上、運送会社へどれだけ営業をかけられるかがこの航路の存続のポイントになるのは間違いないと思います。

生存報告

ブログを1ヶ月以上更新してませんでしたが一応生きてます。

今の仕事をするようになってから先月買ったカメラもろくに触れず単純に書くネタがないのです、はい。

それと私の地元では今が桜の最盛期なのですが、今の仕事をするようになって桜が嫌いになりました。
桜の時期は仕事でやることが増えるのがその理由です。

5月の大型連休過ぎたらカメラ触れる時間も取れるのではないかと楽観的な見方をしてますが、果たしてどうなることやら。
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)