FC2ブログ

ご無沙汰な広島 その1

 鹿児島から帰ってきた1~2週間後、適当な紙とペンを自室の机の上に置き、 次の夏休み旅行で行きたいところを書き留める。

・日本全都道府県制覇したのに広島は高校の修学旅行以来全然行ってない。
・宮島水族館のスナメリ見たい。
・アクアス(しまね海洋館)のバブルリングつくるベルーガ見たい。
・明石海峡大橋また登りたい。
・キティ新幹線面白かったからまた乗りたい。

 というわけでこれらを一度の旅行で全部達成してきました。
続きを読む
スポンサーサイト



Lenovo IdeaPad S130 (11) を買いました

現在タブレットを所有してますが、型が古くなってきた&いくら使ってもタブレットに慣れることができなかったので消費税が上がる前に小型のノートパソコンを購入することにしました。

買ったのはLenovoのIdeaPadS130。
あるショッピングサイト経由で買ったのでポイント付与分を差し引くと約3万円で購入できたことになります。

ネット上でLenovoの直販サイトは届くのが遅いという口コミもありますが、国内生産品でもないのに4日ほどで届きました。
多分国内に在庫があったんでしょう。

●外装
入ってるのはパソコン本体、ACアダプタ、説明書だけです。
なお、購入証明書などは中華フォントでした。

s-CIMG2943.jpg

●電源
意外とでかい。
形状的に差せる場所を選ぶので短い延長コードが欲しいかも。
コンセント部分が折りたためないのも△。

s-CIMG2944.jpg

●本体外観
A4用紙より1回り小さいサイズです。
見た目はちょっと安っぽいですがこんなものかと。

s-CIMG2946.jpg

●液晶
11.6型で解像度は1366×768。
映像はちょっと青みがかってますが、問題なく見ることができます。
s-CIMG2955.jpg

●キーボード
Enterキー周辺で一部キーが小さくなってますが、慣れれば違和感なくなるでしょう。
押した感触も良好です。
s-CIMG2952.jpg

s-CIMG2950.jpg

●側面
右側面にはUSB3.0ポート1つとmicroUSBスロット、イヤホンジャックがついてます。
左側面はUSB3.0ポート1つにHDMI端子、USB Type-Cがあります。
3万円のPCにこれくらいついていれば十分すぎますね。

s-CIMG2954.jpg

s-CIMG2953.jpg

●全体的な感想
結論から言うと、これで3万円台なら安いです。
CPUはCeleronなのでスペックは低いですが、128GBのSSDを積んでいるので起動は速いです。
microSDカードのスロットがついてるのでデータはそちらに保存するのも一つかもしれません。
重量も1kgちょっとなので持ち運びも楽です。
ネットや動画を見たり文書作成、メールの送受信程度なら十分なので、これから旅行時に活躍してくれそうです。

食ってばかりの鹿児島旅行 その5

 天文館8時10分発のバスで鹿児島空港へ向かう。
 鹿児島空港-鹿児島市街のバスは鹿児島交通と南国交通の2社が運行していますが、南国交通のほうが当たりだと個人的には感じました。鹿児島交通はヒュンダイのユニバースを使っているので内装が安っぽければ乗り心地もよくないのですよ…。

 空港に着いてまずするのはお土産を買うこと。
 鹿児島空港の売店は種類・数とも豊富でマニアックなものでなければ大体揃います。

 お土産を買ったらチェックインカウンター、でなく温泉に入ります。
 鹿児島空港にはターミナルの外に無料の足湯があります。よってこの空港を利用する際は足拭き用のタオルを持っていくといいかと(有料でタオルはありますが)。

s-CIMG2938.jpg

s-CIMG2937.jpg

 ひとしきり温まってからチェックインしてターミナル内をぶらぶら。
 この空港、地方空港にしては地味に広いので余裕ぶっこいてたら時間が少なくなり搭乗ゲートに着いたのは搭乗開始ギリギリになってしまいました。

 帰りの飛行機も行きと同様B767。
 767は古い部類に入りますが、私は結構好きです。実際これまで767が一番乗っていると思います。

 窓側が埋まる程度の搭乗率で離陸。
 天気がよかったので地形がよくわかりました。

s-P1100488.jpg
▲宮崎平野の海岸線。右の海は日向灘。

 保安検査前に売店でさつま揚げのばら売りを買っておいたので機内サービスのドリンクと一緒にもぐもぐ食べる。

s-CIMG2939.jpg

 ほんでもってまたこのようなものを頂いてしまいました。

s-CIMG2940.jpg
▲いつもありがとうございますm(_ _)m

 あっという間に羽田に到着。
 昼間だったのでモノレールで浜松町に移動し、昼飯を食べてから東京駅へ。
 東京駅では時間があったのでちょっと撮影。

s-P1100498.jpg

s-P1100510.jpg

s-P1100520.jpg

 帰りも「やまびこ」に乗る。
 今回は美味しいものを食べて温泉入ってと比較的旅行らしい旅行だったような気がします。

(おしまい。)

食ってばかりの鹿児島旅行 その4

 2日目は鹿児島中央から日豊本線に乗り、国分で下車。
 国分からは霧島温泉方面に向かう路線バスに乗りますが、途中の霧島神宮駅でどっと乗り込んでくる。そして聞こえてくるのは外国語ばかり。ここ日本なんですけど。

 バスに揺られて50分。
 やってきたのは「さくらさくら温泉」。名前の通り春は桜で埋め尽くされるのでしょう。

s-CIMG2916.jpg

 この温泉の特徴は泥湯があること。泥といっても温泉成分があるので、それを体に塗ることからさしずめ天然の泥パックでしょうか。

 700円の入浴料を払って中に入ります。
 日帰り温泉は10時からなのですが、行ったのはその直後だったので先客はいませんでした。
 というわけで人がいたら絶対撮れないお風呂の写真を。

s-CIMG2918.jpg

s-CIMG2921.jpg

 内湯は石造りで意外と開放感があります。
 泉質は硫黄性らしいですが、硫黄のにおいはあまりしません。

 そして泥湯のある露天風呂へ。
 周囲は緑に囲まれた落ち着いた空間で、喧騒とは無縁です。
 平日の昼間に温泉に浸かるというのは非常に気分がいい。
 泥は石の容器に入っており、それを手に取り塗っていきます。
 5分ほどすると乾燥してくるので、それをお湯で洗い流したらきっとお肌がつるつるなめらかになっていることでしょう。
注:泥を塗ったまま温泉に入ってはいけません。

 正直申し上げますと、派手さのある施設ではありません。バス停からは近いんですが、どこか秘湯感が漂います。
 しかし、日本でも珍しい「天然の泥パック」が体験できる温泉として訪問する価値は十分あります。

----------
さくらさくら温泉
営業時間 10:00~20:00(日帰り入浴)
住  所 鹿児島県霧島市霧島田口2324-7
公式サイト https://www.sakura-sakura.jp/onsen/
----------

 再びバスに乗り、霧島温泉の丸尾地区で下車。
 近くにある「霧島温泉市場」のレストランで昼ごはんを考えていたのですが、敷地内に温泉の蒸気で蒸したものを売ってるではないですか。

s-P1100455.jpg

 玉子や温泉まんじゅうなどがあったものの、鹿児島に来てサツマイモを食べないわけにはいくまいということでサツマイモを買って食べる。温泉の蒸気で蒸されたことで甘味が増して美味しかったです。

s-CIMG2922.jpg

 そのサツマイモが意外と腹にきたので他のものをガッツリ食べるにはちょっとキツイ。小腹を満たすために近くのコンビニで軽くパンを買っただけで昼ごはんは終了。

 本来はここでも温泉に入るつもりでした。しかし前の温泉に入ってからまだ時間が経っておらず十分体が温かいためパスし、間に合うバスに乗って鹿児島空港経由で鹿児島市街に戻る。鹿児島市街~霧島温泉を直行する交通機関はないため行程の調整に苦労しました。

 鹿児島市内に戻ってきて前日同様「天文館むじゃき」へ。
 今日は本店でしか食べられない「ヨーグルト白くま」をいただきます。

s-CIMG2924.jpg

 さっぱりしていて美味しかったです(^^)

 その後さつま揚げで有名な「揚立屋」の本店で文字通り揚げたてのさつま揚げを食べる。揚げ物である以上揚げたてが美味しいのは当然なわけで、ファーストフード感覚で食べるのが正解のような気がします。

s-CIMG2928.jpg

 この日の夕ごはんも前日同様「めっけもん」。
 前日行って当たりだったのもありますが、店を探すのが面倒だったのでここにしました。
 前日食べれなかったネタを中心に3000円ほど食べました。

s-CIMG2934.jpg
▲キビナゴの天ぷら

s-CIMG2935.jpg
▲天然マダイ。これで300円です(^^)

 食後は歩いて「かごっま温泉」へ。
 鹿児島市内には温泉銭湯がいくつかありますが、ここは天文館から行きやすい場所の一つです。
 建物は「昭和の銭湯」という趣で、はっきり言うと古いです。ただ、泡風呂つきのお風呂のほかに電気風呂や塩風呂もあり、またシャンプー・リンス・ボディソープ備え付けで390円ですから手軽に温泉を楽しむにはちょうどいい場所だと思います。

----------
かごっま温泉
営業時間 8:00~24:00
住  所 鹿児島県鹿児島市易居町3-28
公式サイト http://www.kagoshima-onsen1010.net/sento-map/beauty/post.php
----------

(つづきます)

食ってばかりの鹿児島旅行 その3

 鹿児島一の繁華街、天文館。
 鹿児島にはこれまで数回行きましたが、天文館に行くのはこれが初めてです。
 私の旅行スタイルではそんなもんです。

 鹿児島の名物に「白くま」があるのはご存知だと思いますし、実際私も2回ほど食べました。しかしその2回は日程の関係で鹿児島中央駅内の「天文館むじゃき」で、天文館にある本店で食べるというのも今回の旅行のミッションの一つでした(実際本店にしかないメニューもある)。

 天文館のアーケード街を歩いていくとお店の前で白くまがお出迎え。

s-CIMG2905.jpg

 ノーマルの「白くま」は食べたことがあるので、今回は「ストロベリー白くま」を注文。
 お店は観光客だけでなく学校帰りと思しき高校生や出張中のサラリーマンなど多様な客層です。夕方4時頃行きましたが、待ち時間こそなかったもののそれなりに席が埋まっています。

 しばらくして運ばれてくる。
 ちなみにこれでベビーサイズです。

s-CIMG2906.jpg

s-CIMG2908.jpg

 いちごの果肉ソースがかかっていて、ノーマルの「白くま」とは少し違った味わいですが美味しいです。

 かき氷は溶けるとただの水なので溶けないうちに黙々と食べる。
 見ての通りベビーサイズでも山盛りなのでこぼさず食べるのは至難の業です。

 味わいつつかつ溶けないようスピードも意識しながら完食!ご馳走様でした♪

----------
天文館むじゃき(本店)
営業時間 11:00~22:00
住  所 鹿児島県鹿児島市千日町5街区8号
公式サイト http://mujyaki.co.jp/
※白くまだけ食べるときは1人につき最低1品注文が原則です。
----------

 一旦ホテルに戻り、日が落ちてきたあたりで夕飯に出かける。
 やってきたのは鹿児島資本の回転寿司「めっけもん ドルフィンポート店」。
 鹿児島近海で獲れたネタを安く食べられるということでここに決めました。
 カツオやメジナ、キビナゴなど本日のおすすめ品を10皿ほど食べて約3000円。
 ネタは握りのほかに刺身にもできるので、飲む人も使いやすいと思います。

s-CIMG2910.jpg
▲キビナゴ

s-CIMG2911.jpg
▲キンメダイを刺身でいただきました(^^)

----------
めっけもん ドルフィンポート店
営業時間 11:00~21:00
住  所 鹿児島県鹿児島市本港新町5-4 ドルフィンポート1F
公式サイト http://www.jf-group.co.jp/mekkemonsushi/
----------

 この日だけで黒豚、焼酎、白くま、海産物と鹿児島グルメを堪能しました。

(つづく。)
プロフィール

ロック

Author:ロック
主に撮影レポートや国内の旅行記を書いております。
メールはこちらまで
l04a119d☆gmail.com
(お手数ですが送信時は☆を@に置き換えて下さい。)